番外編:PyCharmを使おう

ここでは、PyCharmを使う場合のプロジェクトの作り方を説明します。PyCharmを使わない場合は飛ばして下さい。

PyCharmのプロジェクトを作ろう

まず、PyCharmを使います。PyCharmのプロジェクトを作りましょう。

PyCharmを起動し、Welcome to PyCharmスクリーンから Quick Start > Open… を選択します。

Welcome to Pycharm

フォルダーを選択する画面が表示されたら、 ホームディレクトリ > PyCharmProjects > practice を選択して [Choose] ボタンをクリックします。

Choose

PyCharmのプロジェクトが作られると、次のような画面が表示されます。

Start screen

Project Interpreter

Project Interpreterを確認しよう

メニューバー > Preferences… を選択しPreferencesウインドを開きます。

Preferencesウインドから Project: practice > Project Interpreter を選択します。

Preferences

Project Interpreterに Pythonの仮想環境を作ろう で作った仮想環境が表示されている場合は、何もする必要はありません。

Project Structure までスキップしてください。

Project Interpreterを変更しよう

もし違う環境が表示されている場合は Project Interpreter: 右のセレクトボックスの右に表示されている 歯車 をクリックし、

表示された選択肢から Add Local を選択します。

フォルダーを選択する画面が表示されたら、

ホームディレクトリ > PyCharmProjects > practice > venv > bin > python3 を選択して [Choose] ボタンをクリックします。

Project Interpreter: に選択した仮想環境が表示されている事を確認し、 [Apply] ボタンをクリックします。

Project interpreter

Project Structure

Preferencesウインドから Project: practice > Project Structure を選択します。

mysite フォルダーを選択して Mark as: > Sources をクリックします。

Project structure

同じ要領で、 .idea フォルダーと venv フォルダーを選択して Exclude をクリックします。

その他

Preferencesウインドから Editor > General > Appearance を選択します。

Show line numbers にチェックを入れ [OK] ボタンをクリックします。

設定が終わったら Project > practice > mysite > mysite > settings.py を開いてみましょう。

表示されたソースコードの左側に行番号が表示されていればOKです。

Line numbers