環境を構築しよう

事前にPython3.6をインストールしpathを通しておいてください。

それぞれpathが通っているかは which コマンドで確認できます。

$ which python3.6
/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.6/bin/python3

Pythonの仮想環境を作ろう

注釈

仮想環境を作るメリットは、複数のシステムを開発する時に、各システム専用の環境を手軽に用意出来る事です。

例えばシステムAではDjango1.6を、システムBではDjango1.8を使っているような場合、仮想環境がなければ どちらか一方のバージョンしかインストールすることができず、PC自体を分けて開発するか、 その都度使うバージョンのDjangoをインストールしなければいけません。

個人で1つのアプリケーションしか作らない場合、仮想環境を作るメリットはほぼ無いのですが、 仮想環境の作り方を知っておけば追々役立ちますので、ぜひ覚えて下さい。

どうしても仮想環境を作るのが面倒な方は、 practiceフォルダ を作った後、 Djangoをインストールしよう まで読み飛ばして下さい。

また、チュートリアルを進める中で仮想環境を有効にするコマンド

$ source venv/bin/activate

は無視してください。

まずvenvを使いPythonの仮想環境を作ります。

開発をPyCharmで行うので、ホームディレクトリ以下にPycharmProjectsフォルダーを作ります。

その下に、学習用のDjangoプロジェクトと仮想環境を配置するためのpracticeフォルダを作ります。

$ mkdir -p ~/PycharmProjects/practice

practiceフォルダの下に仮想環境を作ります。

$ cd ~/PycharmProjects/practice/
$ python3.6 -m venv venv

Pythonの仮想環境を有効にしよう

作った仮想環境を有効にしましょう。

$ cd ~/PycharmProjects/practice/
$ source venv/bin/activate
(venv)$

成功すると、プロンプトに仮想環境のフォルダー名が丸括弧で囲われ表示されるようになります。

Djangoをインストールしよう

仮想環境にDjangoをインストールします。DjangoはPyPIに登録されているので、 pip install コマンドでインストールします。

(venv)$ pip install django

正しくインストールされたか、 pip freeze コマンドで確認しましょう。Django==1.11.X と表示されていれば成功です。

(venv)$ pip freeze
Django==1.11.3
pytz==2017.2

注釈

pytzはDjangoが依存しているモジュールなので、Djangoをインストールする際、一緒にインストールされます。

以上で、環境構築についての説明はおしまいです。